青いつなぎの男性

引越しを安い価格で済ませよう│はじめの見積もりが重要

転居する時の注意点

段ボール

引越しが決まったら、まずは要るものと要らないものを決めます。大型の家具や家電は処分するのに日数がかかりますので、早めにします。荷造りは季節外れのもの、普段使わないものから行います。貴重品、軍手やカッターは手荷物とします。ペットは自分で運びます。

More...

安くスムーズに行うために

室内

一人暮らしでの引越しとは違い、家族が増えてからの引越しは、家具や荷物の量が増えてとても大変なものがあります。ほとんど場合、業者に依頼して行いますができるだけ費用をかけずに行いたいと思うものです。見積もりをお願いして話を聞く時が、費用を安くする機会です。

More...

早期準備で費用最小を

女性

引越しは、その日をはやく決め、1ヶ月前にはそれぞれに連絡できるよう準備することで効率的に進められます。そして、引越し業者との交渉では、業者の都合に可能な限り合わせることで費用を抑えることができます。準備を早くすることで引越し費用は最小にしていくことができます。

More...

合い見積もりは大切

メンズ

交渉力が大切

引越しは、家の契約、仲介手数料等でもたくさんお金がかかるので、引越し費用は出来る限り抑えたいものです。私自身、5月末に引越しをしたのでその経験を踏まえたポイントをお伝えします。 まずは、相見積りの取り方です。むやみに相見積りをとっても対応が大変ですので、三社くらいに絞ります。大手、中堅、小規模の部類でそれぞれ1社ずつ選べ、見積りを取りました。希望金額に近く安い金額で提示をしてくれますが、そこは焦らず即決はしません。引越し会社によっては、サービスが異なったり、追加料金等がかかるものがあるので、内容をしっかり把握することが大切です。 何度か引越しを経験された方は、前回同様の会社に見積りを依頼することもポイントの一つです。私の場合は、今回2回目の引越しのため、前回の会社を1番に見積りをとり、ここで決めるから最大限安い金額で提示をするように依頼しました。引越しは労力も使うので、できる限り不要な駆け引きは避け、体力を温存するのと同時に安い金額でお願いできるよう交渉力が必要です。

情報は正確に伝える

見積りをとる際には、担当者が現在の家に訪問しますが、引越し先は見ることはありません。そこで気を付けることは、引越し先の家の情報はもちろんですが、周辺情報を細かく伝えることが大切です。特に家具や家電製品が大型のお宅は、引越し先によっては注意が必要です。 戸建ての場合は、2階にキッチン・リビングがある家が増えてきており、さらに階段もカーブを描くものが多いです。このような場合、大型の冷蔵庫等は階段から通れず、クレーンで引き上げ、窓からの搬入になることを覚えておいてください。 詳細の情報を伝達しておけば、予めクレーンの手配もしてくれますので、1回の作業で済みますが、伝達していない場合は、別日になる可能性が高いです。そうなると、労力も日数もお金も想定以上にかかります。 また、家周辺の道路が狭い場合、クレーン車が通行できず、泣く泣く冷蔵庫を買い替えなくてはならなくなる可能性がでてきますので、要注意です。 安い金額で抑えるためにも、担当者に正確に詳細な情報を伝えることが重要です。